www.towersdepartmentstores.info

車を持つ人は知っていると思いますが、自動車税というものの納税義務があります。そしてこれは査定に出す愛車買取の際に当然のように返還されるものなのです。これは実際実行したら簡単に分かりますが、では最初から順番に分かりやすく説明しましょう。念のため注意書きさせて頂けば国産の自動車だけでなくドイツ車でも自動車税が還付されることになっています。もちろん自動車についてもそうです。自動車税というのは自動車を所有する人が支払わなければならないものですが税額はそれぞれの排気量の大きさで定められています。1リッター以下のであれば29500円1リッターから1.5リッター以下までだと34500円になります。これ以降は500ccごとに5000円が乗ってきます。それから自動車税は4月1日現在のの所有者が今年度の金額を支払う義務があります。つまり前払いということですから、勿論自動車を買取してもらって所有権を失った際には前払いした分の税金は戻ってくるのです。この自動車税の場合は先払いでその年度の税金を納付するから、一年以内にクルマを買い取ってもらったときは新しい所有者がお金を納めなければいけないということです。売却相手が中古車買い取り専門店の場合は買い取り時にあなたが前払いしている分の税額を返してくれます。まとめると所有権を手放した時より後の自動車税は新たな保有者が支払い義務を負います。もし自分が10月のうちに自動車を引き取ってもらったのであれば11月から次の年の3月いっぱいまでの税額は還付されます。というのも、前も述べた通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているということからもわかります。つまり売却者は売却相手に自動車税を返金してもらうということです。個人的に自動車を売買する場合何気にこのような大切な事実に気付かない人が見受けられるので、しっかり忘れないようにしなければなりません。自動車税が自動車を手放すと返金されるという事実を意外に知っている人がいない事をいいことに、その状況を悪用する悪質業者もいるのです。自分から自動車税の返金に関しての話をしなければ完全に自動車税のことについて言わないというケースもしばしば見受けられます。なので自動車の買い取りを依頼するさいには、払いすぎた税金が戻ってくるか否かをチェックすることをおろそかにしないようにする必要があります。

コンテンツメニュー