1ドルを95円でエントリーします

よくあるビギナー向けのFX投資の雑誌では「損失が生じた状況ではナンピンをすることによって全体の買い付けコストを低くする」とアドバイスしていますが、現実的にはそこには隠れたリスクがあると思います。今、売れている育毛シャンプーを徹底解説!〜キミにあう商品はコレだ!〜

まず、ナンピンのロジックについて手短に説明します。銀座HSクリニック/AGA治療/評判/費用

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。リペアジェル 口コミ

$買いのためドル高になればなるほど利益が大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高に向ってしまったとします。黒しょうが+5つの黒スリム 評判

このままポジションを保持し続けたらプラスになるためには、ドル安になった分円安が進まなければなりません。ホワイトヴェール 日焼け止め

皆さん、マイナスは出来るだけ早くリカバリしたいと考えるでしょう。ファクタリング おすすめ

これを解決するためはじめに売買したのと同じ量の$を、1ドルを95円でエントリーします。育毛と発毛

それで、ポジション全体の平均の単価は1ドル=97.50銭まで下げることができますつまり、2.50円の幅で円安ドル高が進むと、赤字を回復できる。黒ツヤソフト 口コミ

こういったことがナンピン買いの理論です。アンチエイジング 老化

このとおり、ナンピンの方法をみると「納得だ」と考えたりするが、相場は容易には上手くはいきません。小学生 毛深い

初めから、1ドル95円より下がらないとは誰一人として予想できません。

仮定として、外国為替市場がかなり強いドル安動向だとすれば95円ではとまらずさらに円高ドル安が進む確率が高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたとしても1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピンした分についても差損が生まれることになってしまいます。

こういう状態では最初に注文したドルと合計で、更なる差損が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、マーケットが自らの筋書きとは逆の方向にすぐに行ってしまった場合どのような手法で危険を回避すればいいのでしょうか。

ここで取るべき方法は2つしかありません。

まずひとつは潔く、損切りをする事です。

もうひとつの手段としてはその時に、自分が所持している買いポジションを少なくする事によって再度マーケットがリカバリするのを待機する事だけです。

ちょっと消極的な手法だと言う方もいます。

だけど、自分の持っている買いポジションにマイナスが生じた時、効果のある対策はこれ以外には考えられません。

確かに、理論としては、ナンピンをする方法もありえます。

けれどもナンピン買いは、自分が損失を出している状態にもかかわらず、買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを買い増していく方法である。

それでは、危険性を削減することなどとても可能ではない察するべきです。

ナンピンを続ければいつの日にかマイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、それより先にお金が不足してしまいます。

コンテンツメニュー

コンブチャクレンズをお試し体験談を口コミレビューしちゃいます。