得られたケースでの売り買いの回数

パソコンのディスプレイの前で絶えず変動している相場を見ると、エントリーをせずにはいられなくなるという思いに煽られる方も多かったりします。NULLリムーバークリーム 成分

しかし、あやふやな感覚でエントリーすることだけは断じてしてはいけません。デリケートゾーン かゆみ 我慢できない

ご存知の通り、外国為替市場は24時間いかなる時でもいずれかの国で外国為替相場が変化しているし為替レートも休みなく、変化しています。エマルジョンリムーバー

とは言っても、闇雲にエントリーを積み重ねるとその分損をする率が高くなります。嘘の戦争 動画 9話

当然、トレードの回数を経験することによって、次第に勝つ可能性が五分五分になるのは周知の通りです。夫の同意書が不要、会社への在籍確認なしの専業主婦借入可能なカードローン一覧

でもこの事実は「明確でない感覚でトレード」してしまうこととは別問題です。

売買回数を増やすというのは、自ら「ここはいける」と感じた感覚を得られたケースでの売り買いの回数を増やすという事を言っています。

格段の理由がなく、絶え間なく売買を積み重ねるのとははっきりと異なります。

外国為替市場の戦いに立ち向かうためには、自ら考えてメリハリをつけることが大切です。

「ここがチャンス」と考えた為替相場の時には、思い切って所有ポジションを増やして積極的に儲けを狙います。

「悩ましい外国為替相場でどう上下するのか理解できないな」と思ったならば、執着しないでポジションをひとつ残らず諦めて何もしない。

このぐらいのテンポでやった方が、結果的には取引は儲けられます。

外国為替市場の金言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通り。

取引とは、いつも売買ポジションを持つことが大事ではなく、どの売買ポジションも所持せずじっと見ていることも場合によっては、外国為替相場です。

では、どういった時に休めばいいのでしょうか。

最初に言われるのが先述した通り、直近の市場が具体的に良く見えない時です。

今後高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自分自身の作った物語とは違った方向に相場が推移してしまい、損してしまいます。

そのため、こういう時はポジションを整理して、そのまま何もぜずに黙ってみているだけがいいだろう。

第2に、あなたの体の状態が思わしくない時です。

体の状態と為替相場に関係ないと思う方もいるでしょうが現実には大きく関係があります。

体の調子がよくなければ市場の肝心な場面で、正確な決断が難しくなります。

興味がわかない時は、外国為替相場から距離を置くことも必要な事です。

コンテンツメニュー

    Link