販売額の10%ー半値で買い上げるという方法

書籍のチラシ、スポーツ新聞、街中に張り付けられた宣伝や郵便広告で、「多重債務の片付けします」「負債をまとめましょう」という内容の惹句を読むことがあります。

こういったものは、「片付け屋」「買取業」「紹介業者」と呼ばれる悪徳企業の嘘広告のケースもあるということです。

そのようなものを使った際には自己破産フローの中で最も大切な免責許諾を受け取れない危険性もあります。

「整頓業者」の場合は広告などで多重債務者を集め、代金を受けて債務整理をしますが、結局のところ負債整理は行われず、さらなる債務地獄に陥ることがほぼすべてと考えてください。

「買取人」の場合は当人のクレジットで家電、新幹線の券を多量に仕入れさせ、借金者から商品を販売額の10%ー半値で買い上げるという方法をとっています。

債務人はお金が得られますが、少しすればクレジット企業経由で品物の販売額の督促がきて、結局は借金をアップさせる結果となります。

このケースだとカード会社へ犯罪ということになって免責許可を受けられなくなります。

「つなぎ屋」は大手貸金業者から拒絶された負債人に関して業者として貸出はしないで、貸出をしてくれる店を教えて、依頼料を請求する会社です。

手の込んだ手続きで融資が受けられたというように報告しますが、実際は何もしないまま、規程の甘めの企業を教えているというだけです。

このケースも本当は負債額を増大させる結果に終わります。

コンテンツメニュー

    Link