子供のありのままの姿を広い心で受け止める

わが家の一人息子も間もなく5歳。デスクワーク専用ダイエット

ついこの間まで何も出来ない赤ちゃんだったはずなのに、気付けば着替えやちょっとした夕飯作りのお手伝い、はたまた 字を読むだけではなく、ひと通り書いたりできるまでに成長しているので驚いています。

先日テレビである芸能人の方が、もう40歳近いお子さんと20年以上の確執があり、その原因は自分が子供に期待を大きく掛けすぎたせいだと仰っているのを聞いて、思わず背筋が伸びました。

実際、既に私の中にも理想の息子像があり、それに少しでも近づけるために朝から晩までガミガミ細かく口を挟んでしまっているからです。

泣き虫だったり、ワガママを言ったりと私を悩ませる4歳の息子は今だけだと言う事を理解し、もっと広い心で穏やかに見守りたいです。

無意識の内についついお友達と比べてしまって一喜一憂するのも全く無意味だと思える様になり、ありのままの姿を受けれいれて楽しく毎日を過ごそうと改めて決意したのでした。

コンテンツメニュー

    Link