このような場合には自動車の保険の会社は

交通事故に遭った場合己が自動車事故の被害者のケースでも事故を起こした人が過ちをひとつも納得しないという事は数多く聞くことがあります。80-4-142

仮定として、意思と関係して起こってしまったのではなく注意が足りなくて相手の車をぶつけられた時などに、こうした言い合いにうつってしまう状況がありそうです。80-10-142

とは言ってそのまま物損と対応され、何ヶ月か後に症状が現れた時に証拠となる診断書警察に出すのでは後手に回るというのはしょうがなくなってしまいます。80-16-142

それでは自動車事故の過失割合は何らかの目処が存在するのでしょうか?正確に申しますと、警察署が認定するのは、自動車での事故の大きな手落ちが考えられるのはどちらの車かということであって過失の割合がどうなのかというわけではないのです。80-18-142

もっと言えば、明確にされた過失が認められた人が警察署から知らされる事は全くありません。80-17-142

ですので、「過失割合」は事故に関わった人たちの話し合いによって明確にされそれが自動車事故の賠償の算定基準となる訳です。80-12-142

この時、当事者同士が任意に加入する自動車保険に加入していない場合には、両者が直接相談しなければなりません。80-2-142

当然の事ながらこういう方法では、非理性的な問答になる場合があります。80-8-142

さらに、互いの意見に差があればまかり間違うと、裁判での争いにもつれ込みますが、その場合年月と費用の計り知れない負担となります。80-11-142

このため多くの状況で事故に関わってしまったそれぞれの当人に付く自動車の保険の会社に、そのそれぞれの会社に調整を委任する策を使って、「過失割合」を慎重に決めさせるのです。80-5-142

このような場合には自動車の保険の会社は、それまでの自動車の事故の訴訟の判断から算定した元となるもの、判断例などをベースに推計と協議をして過失の割合を出します。

と言っても事故のケースでは、不幸にも関わってしまったのか起こしたのかを考える前に、最初に警察に電話するのが大切です。

その後で、自動車の保険の会社に電話して、以後の交渉を委ねるのが手順となります。

状況に応じた仕組みさえ把握しておけば両者の堂々めぐりの協議となるケースを回避できるに違いないのです。

コンテンツメニュー

80-13-142 80-6-142 80-19-142