個人の破産の許諾進行

破産申し立ての手順にしたがって、申請人は申請書を申請者の住居地を担う地裁へ届けることが基本です。

申し立てる人が出した申立書があったら地裁は、破産申立の許可をしなければいけない事項があるか否かを考慮する流れになって審査の完了後、申請者に返済不可というような自己破産承認の必要な条件が満たされている場合は破産申立の許可がもらえることになります。

けれども自己破産申立の承認がくだされても、それのみだと負債が免除になったことにならないのです。

さらに免責の判定をとる必要があるのです。

免責とは自己破産の手続きの上で返済することが不可能である申立人の借金については司法により返済を除外することです。

※簡単に言えば借金額を無しにすることです。

免責の場合でも、破産の承認の手続きと似ていて裁判所権限で判定があって、分析の結果免責の決定がくだされれば破産者は責任から放たれることとなり負債はゼロとなります、結果として、自動車ローンやクレジット支払いが利用不可になることを別にすれば破産認定者の被るデメリットから放たれるということになるのです。

ここで、免責拒否(負債を帳消しにしない)の判定がされると債務そして破産者が受ける困難は解消されないままにならざるをえません。

破産に関する法律の免責という制度はどうしようもない事由で借金を負ってしまい苦境に立たされている債務者を助けだすシステムです。

というわけで、資財を秘密にして破産申立の手続きをするなど裁判官に向けて偽造の申立書を提出するといった枠組みを不正利用する人間であるとか、ショッピングなどの散財で多重負債を作ってしまった人達に関しては、個人の破産の許諾進行を消したり免責が許されなくなります。

法律によれば免責の許諾をもらいうけることができない事例を上で説明した状態の他にも数種類用意しておりそれについて免責不許可の要因と呼びます。

コンテンツメニュー

    Link