育児や子育てに関する政策について

出産をして育児をしながら働くということは難しいことでした。素行調査の料金

近くに親などの協力してくれる人や頼れる人がいれば、なんとか仕事ができるということはあるかもしれませんが、子どもが小さいうちはなかなか難しいものです。

もちろん、これまでうまく両立してきたという人もいますので、全く無理ではないのでしょうが、女性が仕事で活躍するための大きな課題となっていました。

今の政権は、育児や子育てをしっかり支援しようという動きが非常に強くなってきていると思います。

女性の活用という点とともに育児や子育ては重点政策として掲げられています。

特に育児については、育児休業を3年に引き上げるというような議論も活発になっています。

単純に引き上げることが良いかどうかは別として、議論が進むことは良いことでしょう。

また、待機児童の解消などの対策も進んできています。

まだまだすぐに解決できる問題ではありませんが、女性が働きやすい環境が整っていくことを願っています。

コンテンツメニュー

    Link