入れることが大切です

思いつきもせず突然起こるのが事故です。77-17-112

ここでどんな対処した内容が要因となり自動車保険金の支払額もかなり大きく変わってくる場面も予想できますので落ち着いた決断と行動が大切です。77-12-112

考えもしない状況に巻き込まれて慌ててしまったとしたら必要な対応を忘れてしまい、それから大きな損を負わされる時もあるので自動車事故を起こしてしまったケースは正確に次に記述した行動を行います。77-15-112

車の事故を起こしてしまった場面で第一にする事は怪我をした人の確認です。77-18-112

自動車の事故後すぐは頭が混乱してショック状態になってしまう場面がありなかなか行動を起こせないのが当たり前です。77-4-112

だから、重軽傷者がいた場合は危険が少ないところに運んでからできる限りの処置して周りの人に助けを求めるなど救助の優先に努めることが重要です。77-9-112

119番に電話をする状況では適切な事故があった場所を伝えて不明な場面では辺りの目に留まった学校や地点を連絡して事故の住所が分かってもらえるようにします。77-8-112

次に警察署に連絡して自動車事故が起こった事さらに状況を連絡します。77-5-112

救急車とパトカーが来るのを待っている時間に事故の相手のことをチェックします。77-6-112

氏名、連絡先、免許証、相手の自動車保険会社等自分だけでなく相手のことをやり取りします。77-2-112

この時相手側に原因があるような時には、すぐにやり取りしようとすることが存在しますがその場で片付けるのではなくどのような場合でも110番や自動車の保険会社届け出てちゃんとジャッジしてもらう事が欠かせません。

お互いの連絡先を教えたら他の交通のさまたげになることをやめるために障害になる物を路上から取り除きます。

どうしても障害物が他人の車の妨げになっている時はそれぞれの情報交換をするよりもその作業をしても問題ありません。

ここであなたの加入している車の保険会社に知らせ、車の事故が起きた事を届け出ます。

事故から特定時間の内に保険会社に電話を入れておかないと、車での事故の保険の適用除外となる状況も想定されるので時間が出来たら早く電話を入れることが大切です。

さらに交通事故の証拠になるように、デジタルカメラや携帯等を用いて事故や事故車の破損の写真を写しておきます。

その写真は過失がどのくらいあるのか決める重要な証拠とできるので自らの車や先方の車の破損をちゃんと写真に残しておきましょう。

その時に他の人がいたのなら警察の人や保険屋さんの人が駆けつけるまで事故の現場にそのまま待ってもらうよう求めることも大切です。

コンテンツメニュー

77-3-112 77-20-112 77-14-112 77-13-112 77-11-112