自動車を担保にすることで

クルマを走らせている時、「自動車を利用したままで即日融資可能」といった宣伝ボードやお知らせが偶然見かけることも多いかもしれません。

これらのお知らせは、自動車を担保としてお金を融資する広告群であることが多いと思います。

車担保融資と言われている言葉は、知っていたとしても、具体的にどういったローンのスタイルなのかそれほど把握していない人も少なからずいるはずです。

車担保融資とは、それほどメジャーでないローン方法ともいえると思います。

車担保融資では、自動車を担保にすることで、車の現状の売値価格を出し、その額の査定枠の中でローンを原則として行うようです。

自動車販売での査定と同じように、年式が経つ車や改造車であったりすると、査定評価が低くなることがありますので自動車を担保として融資を受ける場合には覚えているといいはずです。

車担保融資は、「自動車」という目に見えたものを保障として抑える方法ですので、消費者金融などでキャッシングができない人でも直ぐに査定上限内でのローンキャッシングを行えるはずです。

そのうえ、銀行や消費者金融での融資には色々な手続きの流れや厳しい審査などがありますが、車という自分が保有する価値のあるものを利用して行うローンですから、そのようなものが要らないということもあるはずです。

この頃では、自動車を返済に行き詰った際の保険にして融資を受けても、クルマを現状と変わらなく引き続き運転することが出来る車の担保融資も増えてきていると言えます。

けれども、このキャッシング方法のデメリットとしては、自動車の査定額にローンの上限額も振り回されますから、所有する車によって、本人が期待する上限額のローンキャッシングを受けられないということも多いはずです。

車を返済に行き詰った際の保険にしますから、もし支払いが滞ってしまった場合は、直ちに自動車を明け渡さなければならないのも、弱みとなります。

クルマが生活で欠かせないものである世帯では、車を担保とする融資のやり方は、随分危険が大きいといえると思います。

コンテンツメニュー

    Link