ない意味合いが込められています

乗用車の《全損》とは名称の通り愛車のすべてが故障した状態で走ることが出来ないという状況の移動手段の車として役割をできなくなった際に判断されますが自動車保険においての《全損》は多少なりとも同義ではない意味合いが込められています。76-3-22

自動車保険のケースでは車が破損した場合に【全損と分損】という風に区分され、〈分損〉は修復の費用が補償金内でおさまる状況を表し「全損」とは修理の費用が保険金を上回ってしまうケースを指します。76-12-22

普通の場合、修復で全損という状況では車の心臓、エンジンに取り返しのつかない損傷が存在したり、乗用車の骨格が曲がってしまったりして修理が不可能な場合リサイクルか廃棄となるのが通常です。76-13-22

けれど、乗用車の事故で修理業者や自動車の保険屋さんがかかる修理費を予測した場面でいくら見た目が美しく元に戻すことが可能な場面でも修復の費用が補償金よりも高かったらなんで自動車の任意保険にお金を払っているのか分からなくなります。76-10-22

そういう場面では、《全損》として自家用車の所有権を車の保険の会社に譲渡して保険金額を支払ってもらうシステムとなっています。76-16-22

当然かなりの間使用した愛車で思い入れがあり自分でお金を出して直して使用したいと考える人間は多数いますのでケースに応じて自動車保険の会社と話すといいのかもしれません。76-14-22

なお、車の保険にはこういう場合を想定して特約等『全損』の時に特約があるところがいっぱりあり万一愛車が《全損》なっても購入など必要費用を一部補償してくれるサービスもあります。76-7-22

そして盗難時補償額の特約をつけていると、とられてしまった愛車が見つけることができない際でも(全損)と判断され、補償金が支払われるサービスになっています。76-19-22

76-18-2276-20-22

コンテンツメニュー

76-8-22 76-1-22 76-17-22 76-11-22 76-6-22