利息が高額なようだと思い

クレジットカードを持っていますけれども、利息が高額なようだと思い、銀行へと照会してみたのですけれども、お客様は無担保なわけですから、そうした利子なのですと言われてしまったのです。

担保のないカードとはどんなような事なのでしょうか。

斯うした疑問点にご回答していきます。

担保というものがあるという意味は如何様な状況に関することを指すのでしょうか。

借金などの時利用目的というのが任意なカードローンなどで担保設定をしていない場合といったものが殆んどであってそのことを無担保借入と言っています。

あべこべにマイカーローンなどは買い込むものが決定しておりますので買った物品に対して抵当権を契約します。

こういったものが有担保融資などと呼称されるのです。

有担保ローンに対する利点は抵当権が存在する分金利が低い水準になっているというところです。

そうするとフリーローンに担保というようなものを契約しておいて、金利を低い水準に設定した方が得する勘案するかもしれないですが何かの拍子に支払いできなくなってしまった場合は担保物を押さえられてしまうといったことになってしまいますから、そのような無策なことをしたい人はいないでしょう。

実際担保を契約できるというキャッシングサービスといったようなものもあるのですけれども自身の信用度で借入できるわけですから、利率についての差くらい目をつぶるというのが普通だからです。

次にサラリーマンのような、収入が一定のひとは与信もあるので、強いて担保といったものを出さなくても金融機関のカードを作成する事といったようなものが出来ますが個人事業主ですと所得というのが一定していないということから担保の設定を求められてしまう場合も存在したりします。

クレジットカード会社といったものは貸し出したというだけでは利益が上がりません。

利息取立てした後売り上げを計上するので、当然な要求なのです。

よって無担保でも借りられる信頼といったものがあるということは相当大きな価値というものが有ったりするのです。

コンテンツメニュー

    Link