インターネットの普及で変る小説環境

小説は、インターネットが普及する前とした後では、大きくその環境が変っています。過払い金請求 無料相談

なにが? てな疑問を持たれると思いますが、一番の大きな変化は書き手と読み手、その垣根が低くなって差が少なくなってきた、という点です。

誰でも自分が書いた小説を不特定多数の読者に届ける事が出来るようになった、これは革命的なのです。

インターネットが普及する前では、そんなことは不可能でした。

何しろ紙媒体でしか小説を読者に届けられませんから、届ける事が出来る能力を持つことができるのは一部の限られた、例えば全国の書店に流通経路を持った有力な出版社、ぐらいしかありません。

それが今では、ちょっとした手間を掛けるだけで不特定多数の相手に自分の書いた小説を届ける事が出来ます。

もちろん、それを読んでくれるかどうかは別ですが、その機会を得られるようになったというのは明らかに革命的なことなのです。

どの辺りが革命的かと言いますと、誰もが誰かに気軽に自分の小説を届ける事が出来る、という点だけでなく、色々な書き方や内容の小説が世間に出易くなってきた、というのが大きな所です。

何しろそれまでは、出版社に認められないと小説として世に出てきませんでしたが、今では読まれる読まれない受ける受けないは別として、誰でも不特定多数の読者に対して自分の書いた小説を世に出す事が出来るのです。

それにより、それまで出版社経由であるからこそ掛かっていた幾つかの決め事、小説の書き方ですとか内容、そういった物が自由に出てくるようになったのです。

つまりは、色々な意味で小説はインターネットにより自由になった、と言えます。

とはいえもちろん、人気のあるなしで小説の形式や内容はその時々でこれまで以上に変っていくとは思いますが、それでもより自由になった小説が今まで以上に広がる、書き手や読み手、そういった垣根を崩し曖昧にさせながら変化していく最中であるのが、現在の小説に関わる環境を見ていて面白い所です。

コンテンツメニュー

    Link