パソコンの種類と用途について

新しいパソコンはどんどん発売されてきます。ヘルペス

最近だと、デスクトップパソコン、ノートパソコンに引き続いて、一体型パソコン、ラップトップというジャンルまで増えてきました。

本来パソコンは、デスクトップ型パソコンが主流になっていて、モニターとパソコン本体は分離されているのが通常です。

しかし、一体型パソコンやノートパソコンのように、モニターとパソコンが繋がっているタイプが発売されました。

モニターとパソコンがバラバラに別れていると、持ち運びするのに不便なので、外出には不向きです。

外出することが多いビジネスマンの人にとっては、ノートパソコンのようなタイプが人気になっています。

一時期はパソコンの価格は20万円を超えるのが普通でした、しかし近年になってパソコン需要の増大とパソコンパーツが低費用で作られるようになった変化を受けて、段々と値段が下がってきています。

だいたい5万円から10万円のパソコンを揃えれば、たいていのことはできると言われています。

コンテンツメニュー

    Link