書類に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれ

自動車を手放す時や、また自動車の査定の際も印鑑証明がなければなりません。バレエの鏡で自宅で練習

それではこの印鑑証明について解説しましょう。スリミナージュ レビュー

印鑑証明というのは実印であるということを裏付けるものです。web 集客 コンサルタント

この書類がないのであればその印鑑が実印として認められているということが実証できません。引越し 比較

大金が動く商談になる愛車の売買のため、どうしても実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明が出てきます。

印鑑証明を交付してもらうためには、あらかじめ印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。

書類に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれ、同じものが二つとないはんこであることが条件です。

この実印を準備して、最寄の市町村役場の受付へいけば、印鑑登録できます。

手続きが終わると、印鑑登録カードなるものが交付され登録が完了した印鑑は実印として認められたということになります。

印鑑証明書を発行してもらうには、役場の案内係へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

また、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはないのです。

そのためどんなに前の印鑑証明であろうがその効力は続くということになります。

ただクルマ買取の際は、印鑑証明は現在より3ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。

基本的には有効期限を気にする必要はありませんが売却時には、買い取る側が期限を教えてくれるのでもし自動車売却の予定がある場合は、事前に準備しておくことが必要です。

コンテンツメニュー

    Link