損がなくなるまでには

どこにでもある初心者向けのFX投資の本では、「損失が生じたケースではナンピンして平均の買い付けコストを下げる」と述べられていますが、現実的にはそこには相当大きな罠が潜んでいます。ナノインパクト100 半額

とりあえず、ナンピンのやり方に関してごく簡単に述べます。生酵素 痩せる

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。ソワン 解約

ドル買いだから、円安ドル高に進むほど利益が大きくなりますが、1ドル=95円まで円高が進んでしまった。クレンジング酵素0 amazon

そのままの状況でポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには、マイナス分円安ドル高が進まなければならない。電話占い「口コミ」信頼性

投資家であれば、損は早めに戻したいと考えます。バリテイン 口コミ

この状況を変えるため最初に買ったのと同額分のドルを1ドルを95円で買い増しする。マキアレイベル 口コミ

それによって、ポジションの買い付け単価は1ドル=97.50銭まで低くすることができる。脱毛 失敗

これで、半分の幅で円安が進めば、損失を失くすことが出来ます。エレクトーレ

この流れがナンピンの原理です。コンブチャクレンズ 妊娠中

ナンピンの理論を理解すると、「その通り」という風に思うがマーケットはそう容易には上手くはいきません。

初めから、1ドル95円が下限だとということなど、誰も分かるはずがありません。

例として、市場がかなりのドル安地合であるならば1ドル95円では収まらず、円高ドル安に進む確率は高いです。

仮に、97円50銭でナンピンをした場合に95円まで円高に向ったら、ナンピンをしたポジションも為替差損が生じます。

それでは、初めにエントリーしたドルとあわせて、倍の為替差損が生じます。

このように、ナンピンは難解です。

ならば、外国為替市場が自分自身のシナリオとは別の方向にみるみる進んだ場合、いかなる術で危険を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる方法は多くはありません。

最初のひとつは潔くポジションを閉じる事です。

ふたつめは、今現在、所持している買いポジションを少なくして、為替が元のようになるのをじっと待ち望む事だけです。

かなり弱腰の方法だと感じる投資家もいるkもしれません。

けれども、買いポジションに為替差損が出た場合一番妥当な手段はこの2つ以外にはないです。

言うまでも無く、理論としてはナンピンをする術も有効です。

けれどもナンピン買いは、あなた自身が損失を披っている状態にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、それとは逆にポジションを重ねていく対策です。

この方法では、リスクをコントロールすることなど、どう頑張っても不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればその内勝てるかもしれません。

だけど、そうなる前に資金は足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー